■A.O.インプラントセンター杉並■
阿佐ヶ谷北歯科クリニック
骨が薄い人へ


骨が薄いのでインプラントはムリです」と言われ諦めかけていませんか?
当医院ではそういった患者様の手術を多数行ってきました。骨が薄い患者様も手術は可能です。わかりやすく説明しますと、歯を支える骨を増やす(骨移植・骨再生誘導等)方法によって治療を可能にするのです。
また、骨を補填することにより下がってしまった歯茎が元に戻り健康的で美しく治療ができます。

骨の厚みが不足している場合
厚みが不足している場合、主にボーングラフト(骨移植)とGBR法(骨再生誘導法、guided bone regeneration)とがあります。骨移植で高さを補う場合は、主に奥歯(臼歯部)の部分でのみ行います。(オンレーグラフト)

上顎の骨の厚みが不足している場合・サイナスリフト
サイナスリフトは、歯槽骨が5ミリ以下の症例でも十分対応可能です。
歯槽骨の厚みがある場合は、サイナスリフトとインプラント埋入を同時に行いますが(一回法)、著しく歯槽骨が吸収されているケースではまずサイナスリフトを行い、骨が安定するまで4~6ヶ月ほど治癒期間を置きます。その後でインプラントを埋入します。(二回法)

骨の高さが不足している場合
骨の高さが不足している場合、ディストラクションを用いる場合とGBR法の二通りがあります。又、GBR法のオペはインプラントと同時に行う方法とインプラントの前に行う方法とがあります。

骨幅が不足している場合・スプリットクレスト
スプリットクレストに適応なのは、3mm 程度の骨幅があることと、海綿骨が残っていることです。

インプラント治療について
AOインプラントセンターTOP