AOインプラントセンターTOP > Q&A > 周りの歯が悪くなった時は?

Q&A
  • 自分に合う治療法はあるでしょうか?
  • 手術は全身麻酔で行うのですか?
  • 治療期間はどれくらいでしょうか?
  • 治療中は歯がないままでしょうか?
  • 骨粗しょう症と言われましたが治療できますか?
  • インプラントは一生使えるのでしょうか?
  • 治療期間・手術時間はどれくらいでしょうか?
  • 周りの歯が悪くなった時は?
  • インプラントの種類は?
  • 治療後に特別な手入れが必要ですか?
  • 骨の再生治療は痛いのでしょうか?
  • 保険内で治療することはできますか?

気になったらまずは無料カウンセリング

インプラント治療をお考えの方や、入れ歯、ブリッジの使い心地にお悩みの方は、まず、カウンセリングをどうぞ。お悩み、ご心配の解消をお約束します。

詳しくはこちらから

周りの歯が悪くなった時は?

周囲の歯が悪くなったときに影響はありますか?

ブリッジや入れ歯は周囲の歯(特に土台の歯)が悪くなったときに作り直す必要がありますが、インプラントは周囲の歯が虫歯になったり抜歯をしても作り直す必要はありません。

しかし、周囲の歯周組織が歯周病(歯槽膿漏)にかかっている場合は、 (天然の歯と同様に)インプラントの安定性に問題が生じます。しかし定期検診(メンテナンス)を受診していれば、早期発見・早期治療が可能なので、インプラントの脱落を防ぐことができます。


こちらのページもご覧ください


Tweet このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
PAGE TOP
Clinic infomation

A.O.インプラントセンター杉並
阿佐ヶ谷北歯科クリニック


理事長 松川 真敏
TEL 03-3338-8241
東京都杉並区阿佐谷北1-5-6 西友阿佐谷ビル6F
JR阿佐ヶ谷駅より徒歩3分。
安心と実績のインプラントセンター

※しばらくの間、水曜日は休診とさせていただきます。

診療時間 10:00-13:30 15:00-19:00

インプラント インフォメーションイラストと動画を使った、誰にも分かりやすいインプラント総合サイト。

 



地図や電話番号などの情報を携帯で見られる!
AOインプラントセンターの携帯サイトはこちらから
http://www.asagaya-dental.com/i/