AOインプラントセンターTOP > インプラント治療について > 骨が薄い人へ

インプラント治療について
  • インプラントとは
  • 抜けたままにしていませんか?
  • 治療の流れ
  • 治療方法比較 -入れ歯とブリッジ-
  • 手術法 -1回法・2回法-
  • 1日で噛めるインプラント
  • 悩み・麻酔について
  • 骨が薄い人へ
  • 衛生管理
  • CTスキャン・精密検査

気になったらまずは無料カウンセリング

インプラント治療をお考えの方や、入れ歯、ブリッジの使い心地にお悩みの方は、まず、カウンセリングをどうぞ。お悩み、ご心配の解消をお約束します。

詳しくはこちらから

骨が薄い人へ

骨が薄くて諦めていませんか?
当医院では骨が薄い方でも見た目も美しく治療ができます。

GBRを行った場合

GBRを行なわなかった場合

「骨が薄いのでインプラントはムリです」と言われ諦めかけていませんか?
当医院ではそういった患者様の手術を多数行ってきました。骨が薄い患者様も手術は可能です。わかりやすく説明しますと、歯を支える骨を増やす(骨移植・骨再生誘導等)方法によって治療を可能にするのです。
また、骨を補填することにより下がってしまった歯茎が元に戻り健康的で美しく治療ができます。


骨の厚みが不足している場合

厚みが不足している場合、主にボーングラフト(骨移植)とGBR法(骨再生誘導法、guided bone regeneration)とがあります。骨移植で高さを補う場合は、主に奥歯(臼歯部)の部分でのみ行います。(オンレーグラフト)

詳細は当医院、院長監修のインプラントの総合情報サイト
「インプラントインフォメーション」 骨の厚みが不足している方へ・ボーングラフトをご覧下さい。


上顎の骨の厚みが不足している場合・サイナスリフト

サイナスリフトは、歯槽骨が5ミリ以下の症例でも十分対応可能です。
歯槽骨の厚みがある場合は、サイナスリフトとインプラント埋入を同時に行いますが(一回法)、著しく歯槽骨が吸収されているケースではまずサイナスリフトを行い、骨が安定するまで4〜6ヶ月ほど治癒期間を置きます。その後でインプラントを埋入します。(二回法)
詳細は当医院、院長監修のインプラントの総合情報サイト
「インプラントインフォメーション」 上顎の骨の厚みが不足している方へ・サイナスリフトをご覧下さい。


骨の高さが不足している場合

骨の高さが不足している場合、ディストラクションを用いる場合とGBR法の二通りがあります。又、GBR法のオペはインプラントと同時に行う方法とインプラントの前に行う方法とがあります。当院では患者様の骨の高さによって最適な方法を選択させていただきます。

詳細は当医院、院長監修のインプラントの総合情報サイト
「インプラントインフォメーション」骨の高さが不足している方へ・GBR法をご覧下さい。


骨幅が不足している場合・スプリットクレスト

スプリットクレストに適応なのは、3mm 程度の骨幅があることと、海綿骨が残っていることです。

詳細は当医院、院長監修のインプラントの総合情報サイト
「インプラントインフォメーション」骨幅が不足している方へ・スプリットクレストをご覧下さい。


Tweet このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
PAGE TOP
Clinic infomation

A.O.インプラントセンター杉並
阿佐ヶ谷北歯科クリニック


理事長 松川 真敏
TEL 03-3338-8241
東京都杉並区阿佐谷北1-5-6 西友阿佐谷ビル6F
JR阿佐ヶ谷駅より徒歩3分。
安心と実績のインプラントセンター

※しばらくの間、水曜日は休診とさせていただきます。

診療時間 10:00-13:30 15:00-19:00

インプラント インフォメーションイラストと動画を使った、誰にも分かりやすいインプラント総合サイト。

 



地図や電話番号などの情報を携帯で見られる!
AOインプラントセンターの携帯サイトはこちらから
http://www.asagaya-dental.com/i/